2010年05月24日

木村さんご冥福をお祈りいたします

訃報…。

本当にシャイな人でした。
静寂な時間が好きな人なんだなといつも思ってました。

それなのに、最初から最後まで騒がしいプロレス団体で、
騒がしい物事に巻き込まれて、
人生ってそんなもんなんですかね。

マイクパフォーマンスはすべてご自身が即興で作り上げているものでした。すごい才能のあるプロレスラーでした。

心より、ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

posted by 三橋祐輔 at 21:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰しています。KADOです。

自分が中学生のとき車体工業体育館でラッシャーさんにインタビューさせてもらったことがありました。(國際時代ですが)そのとき優しくお相手をしていただいたことが印象に残っています。愛犬の熊五郎の話をするラッシャーさんは本当に楽しそうでした。

國際ではマッドドッグ・バッションとの金網戦が印象に残っています。ただ何よりも凄みを感じたのは、全日時代のタッグリーグ龍艦砲VS義兄弟組でした。馬場さんがいきなりKOされ、天龍さんとハンセンさんの二人に対し一歩も引かず気迫で圧倒していた姿が光り輝いていたのを記憶しています。OAの次の日電車に中で高校生が「俺、昨日ラッシャー木村に男を見た。」と大声で話していました。私も心の中で「その通り!」と相槌を打っていました。

合掌。
Posted by KADO at 2010年05月25日 00:29
KADOさん。

コンバンハ。

龍艦砲VS義兄弟組は、泣けますよね。
常にシングルプレイヤーだったと思う木村さん。
馬場さんが唯一のタッグパートナーのような気がするな、と思います。
Posted by ミツハシユウスケ at 2010年05月26日 01:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。