2010年05月16日

ボディプレス

また、たまに「プロレスってさーヤラセなんでしょ?」って一般的な質問を耳にする機会が増えたような気がする。
こういうときは、ちょっとキテいますね。業界の人はこのチャンスをとらえられるか?


ボディプレス好きだなぁ。
中学生の頃、
最初にマネしたプロレス技と言うとドロップキックだったなぁ。天井から下がる電気照明のスイッチの紐めがけて飛んだものである。
めきめきと体重もアップした今は、ボディプレスをしたくなる。

ボディプレス、古典的な技で、コーナーポスト・プレス、ムーンサルト・プレス、セントーン、サンセットフリップ、スティームローラー
などは派生的な技でもあると言えると思う。

・敵が青色吐息で逃げられないこと
・下がマットであること

という条件下でないと基本的に技として成立しないという制約がプロレス技のプライドを示す技でもある。

・ダメージは観た通りの破壊力があるものの生命的危険度は低い
・実際の会場ではリングが壊れるのではないか、くらいの音の衝撃がある
・立体的なので、会場の大小に関係なく伝わる
・映像を撮影しやすい
・肉体的な説得力がないと使用禁止

など、とてもケンカや格闘技では太刀打ちできない上品な技であるともいえるのだ。

ダイビング・ボディプレス、フライング・ソーセージ。
ブル・ラモス、カーチス・イヤウケアのタイクーンズ、好きでした。
日韓師弟コンビのインタータッグの抗争に、なぜか割って入る。
近いところでは、アジアタッグ戦線を賑わせたキマラ泉田組とか。

機動力を兼ね備えたスーパーヘビー級のコンビが連続で重爆攻撃を仕掛けるというのが、たまらなく好き。


思うに観客はもちろん、プレイヤー自身さえ思いもよらぬほど、面白い試合になってしまう時って絶対あって。なってしまうという表現もおかしいけれど。
そういう試合の流れはヤラセとか八百長とかを越えたところにあるプロレスの面白さの一つであり、
そういう部分を表現する個人的に重要な要素の一つに、畳み掛けるように打つダイビング・ボディプレスというものがあるような気がする。


個人的な使い手では、イヤウケアの顔面変型式朽ち木倒れもいいし、
嵐の放物線ピークで丸くなるのもいい。スワンって言い方は好きじゃないな。

飛距離が見どころになるボディプレスは、また別の技のような気もする。
なんてこと考えて始めると、昔はビデオの山で埃だらけになったものだ。

YouTubeありがたや。

posted by 三橋祐輔 at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/150042680

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。