2010年05月09日

猪木酒場で痛飲

大学時代のプロレス愛好会の仲間でほぼ10年ぶりくらいに痛飲する。
まったく字の如く痛くなるくらい飲んだ。
『爆烈一念』という風変わりな名前のサークルで、もう今は存在しないらしい。
この会を創設したのが、1986年、もう24年も前の早春。
皆、当時より痩せててうらやましいことこの上なし。

場所は新宿の『アントニオ猪木酒場』。
ちょっとテーブルとイスが落ち着かない。
店員さんはあるメニューをオーダーすると“123ダー”をやってくれるのだけれど、
あの若さなら、当然リアルタイムのダーは知らないんだろうなぁ。
ご覧のように世間の奥深くまで浸透したプロレスも、やっぱり世間とのズレはどこまでも平行線である。
昭和プロレスファンとしては、この微妙な世間とのズレが気になってしまう。でも、それもなつかしい感覚。
じつは心地いいのかもね。

“ダー”というと、100万円賞金マッチで勝利した後に、
札束をばらまく時に生まれたポーズだと思うんだけど、違うかな?
折ったどーより早いしね。


などなど、40年以上生きた人間は、さまざまな事実を
目の端っこで確認しつつ、バカ話に花を咲かせたのであった。

posted by 三橋祐輔 at 09:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>ご覧のように世間の奥深くまで浸透したプロレスも、やっぱり世間とのズレはどこまでも平行線である。

なんか納得するようで笑えました。
でもね、この私、一つのポリシーとして
人気のそのお店に行かないというのがあるんです。

Posted by ca at 2010年05月17日 12:21
caさん、こんにちは。

でもね、早く行かないと行けなくなっちゃうかも知れませんよ、むふふ。

いずれにしてもメニューのネーミングセンスはイマイチかなー。これはあくまでも個人的意見ですけども。
Posted by ミツハシユウスケ at 2010年05月17日 22:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。