2010年04月24日

白目の部分

歌舞伎町で標準以上にポン引きに声をかけられるか、かけられないか。かれこれ20年は研究中である。
ワタクシ以上に、向かいくるポン引きを意識して歩いている男もそういないのではないか。

以前にTwitしたけれど、声をかけられにくい方法。

荷物を持たずにノーネクタイでワイシャツというファッションが一番、声をかけられないことはわかっている。その辺の店のヤツがちょっと買い物にでかけた感が醸し出されるからであることは言うまでもない。いわゆるカメレオン殺法。

また、目を伏せてあるく、というのも声をかけられない方法の一つと発見した。

「人間と違い動物はほとんどが黒眼で白目がない、白目があると敵に発見されやすいからだ」というテレビ番組を見て、はたと膝をうった。なるほど、そういうわけだったのか。白目が目立つ獲物はみつかるわけである。

しかし、同時にこの法則はアジア系の女性ポン引きにはやたらと声をかけられると言うことも実証されかけている。どういうわけか。
アジア系女性は肉食動物の目を掠めて獲物を奪う、という心理状況なのではないか?というのがワタクシの仮説だ。

そんなことを考えながら、夜の街を彷徨うワタクシは暇人であることは確かだ。
posted by 三橋祐輔 at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/147515206

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。