2009年05月03日

清志郎の歌を聴くと

いつでも『トランジスタラジオ』を初めて聴いた
中学生の頃の気持ちに戻れた。

目の前にある設問を解くだけの、今から思うと非生産的な日々。
歌う清志郎も
聴く俺も、いつもツルツルピカピカになっちゃった学ラン姿になる
ように感じるんだよなー。



♪おやすみ もうすぐ会えるね
♪幸せの続きをしよう


ご冥福というより
おやすみ

posted by 三橋祐輔 at 00:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
清志郎さんの歌は、あの当時の日本の若者にとって、洋楽に劣らない邦楽を聴かせてくれたと思います。

晩年役者としても出演されていましたが、娘がエキストラとして共演(?)させていただいたた縁で朝刊を見ながら合掌していました。

改めて親子そろって合掌。
Posted by KADO at 2009年05月03日 09:47
サプライズが多いですよ、KADOさん。
共演されてましたかー。
私は夜中にタクシーから降りるところを見かけたことがあるくらいです。

洋楽に劣らない邦楽。
ホント、そんな心強さ(?)を得ましたね。
Posted by ミツハシユウスケ at 2009年05月03日 11:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118483695

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。